書店様へ:イソールの絵本はJRC一手扱いですべての取次から注文可能です

リンドグレーン記念文学賞受賞作家

イソール、ついに日本語版発売です!

2014.0.28 ver. 05

「『かぞくのヒミツ』(エイアールディー)刊行記念 翻訳家 宇野和美さん おはなし会」のお知らせ

2014年4月29日発刊『かぞくのヒミツ』イソール作 宇野和美 訳
(原題:SECRETO DE FAMILIA)

ないしょだよ。

うちのママ、

ほんとはね………

 

どんなうちにもある  かぞくのヒミツ。

あなたのうちは  どうかしら?

 

2013年リンドグレーン記念文学賞を
受賞したアルゼンチンを代表する
絵本作家イソール。

子ども心によりそった

ユーモラスで自由な作品が

世界中で人気です。

リンドグレーン記念文学賞とは……

スウェーデンを代表する児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの功績を記念し、スウェーデン政府によって創設されました。リンドグレーンにつながる、ヒューマニズムの精神に満ちた、優れた作品を生んだ者、あるいは児童・青少年の読書推進に貢献した者・団体に贈られます。(国立国会図書館 国際子ども図書館のサイトより引用)

『かぞくのヒミツ』日本語版表紙デザイン

「イソール! おもしろい人だねえ。なかなかお目にかかれない作品だよ。

 こういう作家に触れることができる日本はしあわせだよね」

 荒井良二 (絵本作家・イラストレーター)

「イソールは子どもの目線で絵本を生み出す作家。

 心を自由にするユーモアと軽さがありながら、生きることのより暗い面もとりあげている」

 リンドグレーン賞受賞理由

「イソールの本を読むと、子どもというのは、

 うんと複雑で、豊かな宇宙を持っているのがわかる

 ホルヘ・ルハン

 (イソールとの共作絵本で知られるアルゼンチンを代表する詩人)

1972年アルゼンチン、ブエノスアイレスに生まれる。子どものころからコミックや本を読みふけり、国立ロへリア・イルルティア国立美術学校で学ぶ。ブエノスアイレス大学でも美術を専攻し、在学中より新聞、雑誌のイラスト、本の挿絵などを手がける。コミック、絵本、イラストの分野で幅広く活躍し、歌手としても活動している。

 

2003年ブラチスラバ世界絵本原画展金のリンゴ賞、2013年リンドグレーン記念文学賞を受賞。

子どもの目線を大胆にとりいれ、心を自由にするユーモアと深い問いかけを含んだ本を作り続け、現代絵本の地平を広げる絵本作家・イラストレーターとして世界各国で注目されている。

 

本作は2004年ミュンヘン国際児童図書館推薦図書ホワイト・レイブンに選ばれている。

photo by@Stefan Tell

『かぞくのヒミツ』は2014年4月29日にエイアールディーから発刊されました。
↓facebookにはISOLのページがあります。ISOLに関する最新情報はこちらへどうぞ

Made with Adobe Muse

http://www.isol-isol.com.ar ◀ISOLの公式サイトはコチラへ(Adobe Flash Player対応ブラウザーが必要です)

http://www.isolisol.blogspot.jp ◀ISOLのBLOG

http://www.miranfu.com ◀原著はコチラへ ミランフ洋書店